団体交渉申し入れ書


2011年 2月10日

SNW発09−05号

日東航空整備株式会社

 代表取締役社長 奥田 光雄 殿

航空連・航空一般労働組合スカイネットワーク

委員長 松尾 雅美

羽田支部 NTM分会      

執行委員長 永田 岳


日東航空整備(株)の事業終了・会社解散、全員解雇について団体交渉の申入れ


 日東航空整備(株)は1月21日、突然、事業終了と会社解散、特別清算による整理を発表し、翌日から個人面談と退職届の提出を求め、3月31日には会社の解散を行おうとしています。しかし、このような重大な事態にもかかわらず充分な説明がされていません。職場には多くの疑問や意見があり、先ず、それらの声に答え説明すべきです。また、突然の発表も驚きですが、会社解散まで極めて短期間に実施しようとしており、退職条件についても、30年にもわたりJAS・JALの安全運航を支えてきた整備専門会社に対し、子育て世代をはじめ社員全員に人生の大きな転換を迫る重大な提案を行っている対応とは思えません。私たちは、発表後から日東航空整備労働組合に対して組合員の疑問や意見の集約と団交の開催を求めてきましたが、それに一切応えることなく労組の解散を決めました。その結果、日東航空整備労働組合を介しては私たちの要求(疑問の解明・条件の引き上げ等)の実現が困難となった今、航空一般労働組合スカイネットワークに加入し、会社との交渉を通じて疑問の解明と条件の引き上げ等要求の実現を目指していくことになりました。

 ここに、団体交渉を申し入れます。重大かつ早急を要することであることから緊急の開催を要請致します。

1、事業終了・会社解散に至った経緯について

2、全社員の雇用継続・確保について

3、退職条件について


 団体交渉の開催は2月14日〜19日の間で申し入れます。具体的日程については調整したいと思います。連絡は航空一般スカイネットワーク(略称SNW)事務局にお願いします。

航空一般労働組合スカイネットワーク

  〒144-0043 東京都大田区羽田空港5-11-4 フェニックスビル

    TEL 03-3742-3251 FAX 03-5737-7819

以上



ページ先頭へ 前へ 次へ ページ末尾へ